本文へスキップ

モンゴルの観光業界で著名なエコツーリズムの目的地になっています。

                                                                                    

 Tel:976-70183498 ENGLISH

E-mal: info@mongoliagercamp.com

                    

観光地についてreal estate

観光地

グンガルート自然保護区は、重要な自然、歴史、文化的重要性を持つ地域として保護された地域です。 2003年から特別保護下にあり、野生生物と地域に根ざした観光の保護プロジェクトを成功裏に実施しており、今ではモンゴルの観光業界で著名なエコツーリズムの目的地になっています。
グンガルート自然保護区は野生の羊、鶴などの珍しい動物、鳥を見るために観光客が訪れる、観光の悪影響を受けていない、地方の特別保護区である。そこに競争相手のキャンプが増える、自然環境を悪化させるリスクから保護された(地方行政と安定的な契約がある)。

チンギスハーン新国際空港から110㎞、90分くらい車で移動します。大草原、丘、川、馬、ゲル…モンゴルで理想とする全てのものがあります。


観光地について

物件イメージ03

ヘレルン川

ヘルレン川は、カヤック、フィッシング、バードウォッチング目的の観光客が多く訪れる場所です。海岸線には絶滅危惧種の鳥が数多く生息していますが、カーレン川には38種の魚が生息しています。

物件イメージ04

バイツ山脈

バイツ山脈は、世界的に絶滅の危機に瀕している野生羊やその他の動物(オオカミ、マーモット、ミンクなど)にとって重要な生息地です。 この地域の野生羊の個体数は約300頭で、訪問者は群れを簡単に見ることができます。タルバガンというマーモットの種類の動物がたくさんいます。

 物件イメージ04  

グンガルート湖

保護地にイへグン湖、アヤガ湖、ツェンギーンブルド湖という三つの湖があります。湖と湿地には、ソデグロヅル、オジロワシ、サカツラガン、アカツクシガモ、ゴビズキンカメなど、さまざまな珍しい鳥が生息しています。

 物件イメージ04  

チンギス・ハーン像

チンギスハーン像テーマパークは、ウランバートルから東へ54km、キャンプから70km離れた美しい自然の風景で彩られたトゥール川の高台に位置し、ツォンジン・ボルド グと呼ばれている記念の場所は同時時代の歴史を共有しています。テーマパークの面積は212ヘクタール、中央に高さ30mの馬像がそびえ、その円形の台座 は高さ12m・直径は30mあります。リクリエーションエリアにはハーンの博物館、 展示場、レストラン、バー、土産物店、会議場などが馬像の中央に位置します。

 物件イメージ04  

13世紀村

2008年6月に完成した大チンギス騎馬像を見学し、13世紀村では遊牧村、文化村、シャーマン村などに分かれており、その村々その時代でのモンゴルの生活様式を見学し遊牧村では乳製品を作る体験などができます。13世紀のモンゴルを再現し、お客様に実際の環境の中で13世紀のモンゴルの生活様式を体験していただけるように小さな王国を再現しています。

 物件イメージ04  

バイツ山脈

タイメン釣り、熱気球、ラフティング、カヤック、乗馬、ラクダトレッキング、登山、蝶々、花観察、サイクリング旅行、遊牧民ホームステイなど、国内外を問わず多くの旅行者にご利用いただけます。

 物件イメージ04

遊牧民のゲル

本物の遊牧民に会う:地元のコミュニティとその伝統はマスツーリズムによって悪影響を受けておらず、遊牧生活を見ながら、モンゴルゲルを訪問したり、家畜に会ったり、乗馬することもできます。
ステップノマズツーリストキャンプはウランバートル市から車で東へ約2時間、130km。
舗装された道路を113km、道なき草原の中を17km走ります。途中でチンギス・ハーン像、13世紀村、小さい村を見学ことができます。